モアルボアル*ダイビング

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*ダイビング

 HOME > リロアン・モアルボアル旅行記TOP > ダイビング
モアルボアルでダイビング
【レート:1ペソ=2円】

  ダイブショップ(Ocean Globe)
  今回もダイブショップはオーシャングローブ
  常連さんが多くて、機材一式を預けっぱなしにしている人が
  何人もいるのだからビックリ。

  先に来ている人が次に来た人にショップのルールなどを教える感じ。
  きちきちしてないゆる〜い雰囲気が気に入っています。

 マルコサスコテージから歩いて5分。
 料金は1ボートダイブ900ペソ、10本で10%OFFになります。
 このダイビングフィーは、これまでで一番安い!
ダイブポイント
タリサイ
  
■ショップからボートで5分の至近ポイント。他のチームはカメを6〜7匹とアジ玉を見たそうだけど、私たちのチームはずっと水深20m付近だったので見られず。。。(ノд・。)でも浅瀬のサンゴがキレイで、テーブルサンゴの上のデバスズメダイがとってもかわいい。ニチリンダテハゼ、キンセンハゼ、ゴルゴニアンシュリンプ、マダラハタなど。
 
■前回見られなかったアジ玉を見たくて最終日にリクエスト。見事アジ玉に遭遇!一つの塊になってうごめくアジ玉に見とれていると、そこにカスミアジが突進。モアルで初めて見たアジ玉に大感激!ケサカケベラ、ニシキテグリなど盛りだくさんでかなり好きなポイント。
ドルフィンハウス
  
■初めてカメラに納めることができたニシキテグリ、ガラスハゼ、アケボノハゼ、ピグミーシーホース、ヘコアユなど。ソフトコーラル、ハードコーラル、エダサンゴなど色とりどりのサンゴ畑がとってもきれい。癒し系キャラクターも多くて、こういうポイントも好きだなぁ。
ペスカドール島
 
■エントリー直後のスズメダイや浅瀬のハナダイ系に癒された〜(*^_^*)。サクラコシオリエビ、オオモンカエルアンコウ、婚姻色のナンヨウカイワリ、イソマグロ、ベニハゼ、アカハタ、アカマダラエソ、フィリピン固有種のラボックスラスなど。
ゴビー
  
■砂地で透明度はイマイチ。ギンガハゼ、ジョーフィッシュ(2匹いたのだけど1匹引っ込んだ)、カニハゼ、メガネウオ、モンハナシャコ、カクレクマノミ、身をボールのように丸くして防衛しているハコフグなど、さまざまなマクロ生物が見られて楽しかった(^_^)イッポンテグリがいるらしいけど見られませんでした。
トンゴ
  
■モアルのラストダイブはカメとマンジュウイシモチが見たくてトンゴをリクエスト。婚姻色のナンヨウカイワリ、ゴマモンガラYgの群れ、テングハギの群れ、チョウチョウコショウダイ、バーヘントダムゼル、カクレクマノミなど。マンジュウイシモチはいつもと違うところにいたらしくガイドのみどりさんが必死に探してくれました。

ダイビングスタイルは1日3本。
朝8時半に集合して午前中2本、午後1本。
ダイブポイントまで5分〜20分で1本ごとにショップに戻ります。

透明度は15mくらい。
昨年大興奮したペスカドールのイワシの大群は昨年末から現れなくなったそう。
でも小さい群れがいたのでもしかしたらまた戻ってくるかも?

今回は前回見られなかったピグミーやマンジュウイシモチ、
ジョーフィッシュにニシキテグリと
マクロ生物がたくさん見られて楽しかったぁヽ(*^^*)ノ
カメもたくさん見たしアジ玉にも感動しました。

ミドリさん、いろんなマクロ生物を教えてくれてありがとう!
オーシャングローブの本田さん、みどりさん、お世話になりました(^。^*)/


リロアン・モアルボアル 旅行記 メニュー     (2012年4月29日〜5月8日)
スケジュール リロアンホテル編 リロアンダイビング編 ドゥマゲッティ観光編
モアルボアルホテル編 モアルボアルダイビング編 モアルボアルレストラン編 セブシティ編
 
   2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve