リロアン*旅行記

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

リロアン*旅行記 

 HOME > リロアン・モアルボアル旅行記TOP > リロアンのホテル
リロアンのホテル(マリンヴィレッジ)
                 【レート:1ペソ=2円】

  マリンヴィレッジ
  宿泊はダイビングサービスが併設されているマリンヴィレッジ
  デラックスルームが1泊1部屋 2,750P。
  食事はビュッフェスタイルで、朝食250P・昼食350P・夕食450P。
  (ツアーだと料金に含まれているらしいんだけど)

  リロアンには街らしきところはなく、お店もサリサリストアや
  ローカル食堂がちょこっとあるだけなので、ダイビング以外の
 時間は リゾート内で過ごすことになります。

  空港から送迎車(片道1台4,200P)で2時間45分。
  早朝なので思ったより早く着きました。
  
■広々としたお部屋。バスルームも広く、シャワーの水圧や排水もまあまあ。ただ、しばらく使われていなかったのか、床がざらざらして埃っぽい感じ。ゴミも捨ててくれないし、掃除の面ではイマイチ。σ( ̄、 ̄=)
 
■海にせり出した水上レストラン。食事の前のビールでまったりのんびり。あ〜これぞ至福の時o(*^▽^*)o♪
  
■チキンアドボ(170P)とフィッシュシーズリング(240P)。食事の基本はバイキングなんだけど、そんなに食べられないのでアラカルトで注文しました。バイキングも美味しかったけど、アラカルトも美味しかった。だいぶ待たされたけど。。。
  
■マリンヴィレッジのすぐそば、とーってもローカルな店で食べた魚の煮つけ・ラフテー・野菜の炒め物など(ご飯とジュース全部で(134P)。ショップの陽子さんに船着場の食堂が安くて美味しいと聞いて行ったのだけど、間違えて隣の店に入っちゃった。ずいぶんローカルな店を勧めるな〜と、疑問には思ったんだけどね。でも、どれも美味しくって、行って良かった!
 
■朝ごはんもバイキングをパスして、そのローカルな店で焼きそばとテーブルに無造作に置かれていたパンを購入(全部で40P)。水上レストランでお皿を借りて朝食。焼きそばには目玉焼きがついてこってりしたお味で美味しい。パンも素朴な小麦の味がして美味しかった(^_^)

■スタッフのNABEさん、ゲストの皆さんと。
楽しい時間をありがとう!



マリンヴィレッジは、ホテル・レストラン・ダイビングサービスが
一体化されていて、ダイビングをするには最高の環境。

食事も他のゲストやスタッフと一緒にいただきます。
夕食の後はログ付けやおしゃべりで楽しい時間を過ごしました(*^-^)


リロアン・モアルボアル 旅行記 メニュー     (2012年4月29日〜5月8日)
スケジュール リロアンホテル編 リロアンダイビング編 ドゥマゲッティ観光編
モアルボアルホテル編 モアルボアルダイビング編 モアルボアルレストラン編 セブシティ編
イワシの大群に大興奮!セブ島・モアルボアルの旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve