リロアン*ダイビング

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

リロアン*ダイビング 

 HOME > リロアン・モアルボアル旅行記TOP > ダイビング
リロアンでダイビング

  マリンヴィレッジのダイブハウス
  マリンヴィレッジはダイビングサービスを併設しているので、
  ダイバーにとって楽園そのもの。
  部屋を出て10歩でボート乗り場に行けちゃうのです。

  その上、器材の洗いやセッティングも全てやってくれて、
  エクジットの時も海面で器材を脱いでからボートに上がるので
  腰や肩に負担がかからず、ラクチン。まさに至れり尽くせり。

  料金はハウスリーフ1,100P、アポ島2ダイブ5,200P、
 追加1ダイブ1,250P。【レート:1ペソ=2円】

  今回繁忙期ということでディスカウントがありました。
 

ダイブポイント
ハウスリーフ(イラク)
  
■到着日はお昼寝をした後、ボートで1〜2分のハウスリーフへ。がれ地〜ちょいドロップオフ。ちっちゃいウミテング、サラサゴンベ、黄色いハナヒゲウツボ、ガーデンイール、ツユベラ、イエローハット、ウミウシに似てるヒラムシなどマクロポイント。
 
■クマドリカエルアンコウ、スパンチークアネモネフィッシュ、カニやエビ、マンジュウイシモチのYgなどマクロ生物は豊富。いきなり様々なマクロ生物を見て、1本目から感激!
コゴン(アポ島)
 
■流れが強く、ギンガメなど大物が見られるポイント。サンゴ地帯を抜けると砂地の深場。ずーっと何にもいないので無理なのかな〜と思ったら、やっーとギンガメが現れた!しかしカレントがきつくて岩にしがみついて鯉のぼり状態。全然近づけないし写真を撮るのもやっと。でもギンガメに会えてよかった〜(^_^)
チャーチ(アポ島)
  
■アポ島の2本目・3本目はチャーチ。3本目は1本目と同じギンガメが見られる(かもしれない)コゴンをリクエストしたのだけれど、ゲストの多数決で負けちゃった。みんなあのカレントはイヤなんだそう。こちらはサンゴ地帯のまったりゆったりダイブ。元気いっぱいに育ったソフト&ハードコーラルがとってもキレイ。魚は少なめ。数種類のクマノミ、大きなアオウミガメ、カスミアジなどが見られました。
お昼ごはん
 
■マリンヴィレッジのお弁当。から揚げはジューシーで、イカは柔らかくて美味しくてボリューム満点。ごちそうさまでした(^○^)
アポ島へ上陸
  
■ランチの後はアポ島へ上陸。Tシャツやパレオを売るおばちゃんたちが、ビーチに整列して熱〜い視線で出迎えます。降りるとあっという間に囲まれちゃうのでしばし静観。アポ島は2,000人が暮らす島だとか。ボートを降りて歩いてみるとお土産屋さんが並び、民家や小学校など素朴な街並みが。ホテルはあるけどレストランなどはナシ。ビーチでは凧上げに興じている子どもたちがたくさんいました。


リロアンからアポ島までボートで約1時間。
アポ島は保護区であるため、グローブの着用と着底が禁止。
また、入島料やカメラフィーも必要になります。

透明度は15mくらい。
コゴンはもう少し良くてアジアの海にしては海の青がきれい。

ハウスリーフでさまざまなマクロ生物を見て、アポ島ではギンガメの群れに出逢い、
お花畑のようなコーラルに癒され、
たった4本だけだったけど大満足のリロアンでした(^_^)

マリンヴィレッジのYOKOさん、JUNさん、NABEさん、スタッフの皆さん
ありがとうございました(^。^*)/

 
リロアン・モアルボアル 旅行記 メニュー     (2012年4月29日〜5月8日)
スケジュール リロアンホテル編 リロアンダイビング編 ドゥマゲッティ観光編
モアルボアルホテル編 モアルボアルダイビング編 モアルボアルレストラン編 セブシティ編
イワシの大群に大興奮!セブ島・モアルボアルの旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve