トラワンガン*ダイビング

ダイビング&恋人探し
   
   

トラワンガン*ダイビング

 HOME > トラワンガン旅行記TOP > ダイブショップ > ダイビング > レストラン > 風景
ギリ・トラワンガンでダイビング
シャークポイント
  
トラワンガンでの1本目はシャークポイント。久しぶりのダイビングでちょっぴり緊張。しかし、最初の緊張もなんのその。ホワイトチップシャーク、ウミガメ、バラクーダトルネード、カスミアジ、と初日から大物続出で大興奮!来て良かったー。その後も何度かシャークポイントへ行きましたが、サメやカメ、カンムリブダイは見られたものの、バラクーダは見られませんでした。
スティングレイ
  
■ショップに近いポイント、スティングレイ。砂地のまったりダイブ。カメやミノカサゴがたくさん。
ハンズリーフ
  
■ギリ・アイルのハンズリーフはお魚パラダイス。砂地もあり珊瑚礁もきれい。大物はいないけどさまざまな魚がいました。
マンタポイント
  
■最後にスティングレイをリクエストしたけど、潮が悪くマンタポイントに変更になりました。前回マンタポイントに行ったときは シーソーのようなカレントがあったけど、最終日は流れもなくサメやカメ、ツバメウオやネズミフグなどが見られて満喫できました。 ちなみにマンタは12月頃に見られるそうです。


講習生が多くて、ファンダイバーのレベルもそれほど高くなく、
最初の頃は一緒に潜った方のエア切れで、
3〜40分で終わってしまった事がしばしば。

白人さんはホントにエア切れが早い(@_@)
体が大きいからしょうがないけど。

そのうちショップの方もわかってくれて、
エア持ちの良い人と組ませてもらえるようになりました。
マクロから大物まで魚の種類が豊富なトラワンガンの海に大満足でした。

マンタダイブの皆さん、ありがとうございました(^。^*)/


ギリ・トラワンガン旅行記メニュー      (2006年8月11日〜20日)
ギリ・トラワンガン旅行記TOP ダイブショップ&コテージ編 ダイビング編 レストラン編 トラワンガンの風景編

  バラクーダ・ギンガメ・マンタなど大物続出!パプアニューギニアの旅行記はこちら ⇒ マダンの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve