ピピ島*レストラン

ピピ島へは素敵な恋人と行こう!
   
   

ピピ島*レストラン

 HOME > ピピ島旅行記TOP >ホテル> ダイビング > レストラン > 風景
ピピ島のレストラン

  Papaya Restaurant(パパイヤレストラン)
 ショップのTOYOさんお勧めのタイ料理店。
 店先でご主人がフライドヌードルを作っていて、これがすっごく
 美味しそうで食欲をそそります。

 ここのご主人、山崎邦正にそっくり。
 どこかの日本人が教えたのか、私たちが日本人だと知ると、

 「ヤマザキホーセイ」と自分のことを言っていました。
 これにはチョー大ウケ
o(^▽^)o
【レート:1バーツ=2.82円】
  
■Basilleaves&Chilli(100B)、カイヤッサイ(60B)、ライス(20B)。Basilleaves&Chilliは、チリと言っても全然辛くなくてチョー美味しい。タイ料理のカイヤッサイは去年タオで見つけたタイ料理。卵焼きなんだけど、日本の卵焼きより数段美味しい。ご主人が店先で焼いているフライドヌードル(80B)も美味。シンハービール・大(100B)。
Cosmic (コズミック)  
  
■ヨーロピアンが多いところはイタリアンが美味しいので、イタリアンのお店に行ってみました。ピザ(170B)はすっごく大きくて、食べられるかな〜と思ったけど、生地が薄くてパリパリでチーズも全然しつこくないので、ペロッっといけちゃいました。カルボナーラ(130B)は、アジアにありがちなやわらか麺ではなくアルデンテ。コショウがあまり効いていなかったけど、ソースは美味。
Tom Yan Restaurant (トムヤンレストラン)
 

■タイ料理のお店。サテー(70B)、フライドガーリック&ペッパーWithチキン(80B)、シンハービール・大(90B)。フライドガーリック&ペッパーWithチキンは、その名前を聞くとどっちがメインなの?と思ったけど、これがチョー美味しかった!ガーリックソースはご飯にかけても美味しいし、間違いなくチキンよりこっちがメイン(^_^)

Pee Pee Bakary (ピーピーベーカリー)
  
■ピピ島に到着した日、ランチに利用しました。まずは定番のフライドライスとフライドヌードルを食べなくちゃね。やっぱりタイのフライドライス(80B)とフライドヌードル(80B)は美味しいわ〜。シェイク(60B)。
Amico Restaurant (アミコレストラン)
 
■ランチがダイビングの1本目の後だったので、小腹がすいて、船着き場の近く、海沿いにあるイタリアンレストランへ。ペンネナポリ(150B)。私はあまりお腹がすいていなかったので、パンケーキ(80B)を注文。タイの屋台で食べるパリパリのパンケーキを想像していたのだけど、ごく普通のパンケーキでした。ダイエットコーク・レモンティー(35B)。
タイ料理店(店名わからず)
  
■この日もダイビング後、島に戻って小腹がすいたので、ショップのすぐ近くにある庶民的なタイ料理店へ。   ■ヌードルスープ(50B)。トッピングに選んだのは日本で食べるおでんだねのつみれのよう。米粉のヌードルってマジ美味しい。
屋台の串焼き&揚げ物
 
■ダイビング後にペンネを食べた日、びっき〜♂が夜になってもお腹がすかないと言うので、出店の串焼きとコンビニでビールを買って、ローダラムビーチで夕食。私はちゃんとしたお店で食べたかったのだけれど、たまにはこういうのもいいか。波の音を聞きながらのビールもまた格別(^−^)


今回食べたお店はどれも美味しかった(*^_^*)
他にもメキシカン料理やイングリッシュパブなどもあり、
国際色豊かなお店がたくさん。

ただ、全体的に料理に比べて、ビール以外のお酒が
ちょっと高めかな〜と思いました。
お酒が大好きな私たちにとってはちと痛い(;一_一)


ピピ島旅行記 メニュー          (2009年5月3日〜10日)
ピピ島旅行記TOP ホテル編 ダイビング編 レストラン編 風景編

  ジンベエに遭遇すること3回!タイ・タオ島の旅行記はこちら ⇒ タオ島の旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve