ラスベガス*ラフリン

ラスベガスの人気ホテルが毎日値下げ
   
   

ラスベガス*ラフリン

 HOME > ラスベガス旅行記TOP > ラフリン

ラフリン(Laughlin)


ラフリン(Laughlin)はラスベガスから南へ150Kmのカジノタウン。
コロラド川沿いに9軒のカジノホテルが並びます。
ショーもなく、ラスベガスのような派手さはないけど、川でジェットスキーをしたり、
遊覧船に乗ったり、ちょっとしたリゾート気分を味わえます。

私たちはこの街が好きで、ラスベガスに行ったら必ず行きます。
今回が5回目でした。


2011年3月と11月に、念願のラフリン滞在を果たしました!
旅行記はこちら ⇒ 3月の旅行記 ・ 11月の旅行記



■このバスでラフリンへ。
  ラフリンの行き方
 ラスベガスから個人で行くにはレンタカーしかないと思います。(多分)
 私は毎回現地の旅行会社『Key Tours』に日帰りツアーを申し込んでいます。
 電話番号はこちら → 362-9355

 英語のみだけど聞かれることは「名前・人数・ホテル・部屋番号・いつが
 いいか」。それから集合場所と時間を教えてくれます。

 今回は小銭がなかったので、サンセットステーションのベルボーイに頼んで
 電話をしてもらいました。

  出発はフラミンゴから
 
フラミンゴおよび周辺のホテルなら、直接フラミンゴのツアーロビーに
 集合(8:20)。フラミンゴから遠いホテルでも、バスがピックアップして
 くれるので大丈夫。帰りも送ってくれます。

 ツアー料金は5ドル(バフェ代込み)。以前は無料だったのに、
 最近はガソリン代を取るようになりました。
 それでもバフェがタダなのでお得です

 ツアー参加者はお年寄りが多い。
 ご年配の方にとってラスベガスは賑やかすぎるのかな。

■窓の外はずーっとこんな景色が続きます。

■エッヂウォーター
  ラフリンまで2時間弱のバスの旅
 
ラフリンまで高速を飛ばして2時間弱。朝8:30に出発して10:20に到着。
 バスが到着したのは
EdgeWater(エッヂウォーター)

 帰りの集合時間は4:15です。
 4:30に出発だけど、遅れるとほんとに置いてかれちゃうので注意。
 約6時間の滞在が、いつもあっという間に過ぎてしまいます。

 エッヂウォーターのバフェは地下にあって暗い。
 
Colorado Belle(コロラドベル) Aquarius(アクエリアス)のバフェは
 川沿いにあって、川を見ながら食事ができます。


  さて、ランチの前にスロットでも・・・
 
スロット開始後、ものの1分で10ドルが100ドルに。
 ラフリンは私にとって縁起の良い場所。一度も負けたことがありません。
 (んっ?!1回くらいあったかな)


 昨年も250ドル勝ったし、初めて来た時は700ドル出しました。
 ほんとラフリンって良い街だわ〜ヽ(^◇^*)/

 昨年までは古いマシンばかりだったけど、
 今年はずいぶん新しいマシンが増えました。

■わ〜い、買い物代が浮いた〜(^。^)v

  アウトレットでショッピング
 
エッヂウォーターから道路を挟んで反対側にあるアウトレットセンター。
 ラスベガスのアウトレットほど規模が大きくないけど、すいているので
 のんびり見られるし、けっこう掘り出し物が見つかったりします。

 ショッピングのメインは「GAP OUTLET」。
 3割4割引きは当たり前で、ついついたくさん買っちゃいます。
 あと「ビタミンワールド」も必ず寄ります。ラスベガスより安い!
 ここでサプリをまとめ買いです。
  
■「GAP OUTLET」。13ドルのキャミソールが1.3ドル。50ドルの裏起毛のトレーナーが5ドルと、超激安!   ■5ドルでこんな変な帽子を買いました。
ラフリンの風景 
  
■船の形をしたホテルColorado Belle ■カジノロード沿いにあるトロピカーナエクスプレス ■川沿いをのんびり散歩するのも気持ち いい♪
  
■コロラド川。ホテル間を結ぶ水上タクシーがあります。以前乗ったときは片道3ドルでした。川から見るホテル街もいい感じ。   ■川にはジェットスキーを楽しむ人が。
  
■ラフリン(Laughlin)さんの銅像。何かで大儲けをして、この街を作ったそうです。何で儲けたんだったっけ?ラフリンはのーんびりとしてとっても良い街。今度はここに2〜3泊したいな。
ラスベガス旅行記メニュー       (2007年9月28日〜10月3日)


ラスベガス旅行記TOP サンセットステーション フラミンゴ・ラスベガス チャイナタウン

ラフリン ラスベガスのあれこれ
  観光情報やグルメ情報も満載!ラフリンとラスベガスの旅行記はこちら ⇒ ラフリンとラスベガスの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve