ラスベガス*服装

ラスベガスの人気ホテルが毎日値下げ
   
   

ラスベガス*服装

 HOME > ラスベガス旅行記TOP > ラスベガスのあれこれ

ラスベガスのあれこれ


ラスベガス
渡航歴10回以上のびっき〜が、独自の視点でラスベガスをご紹介します。


■T・Iの前に建設中のホテル

  服装について
 今まで9月・10月・11月・2月・3月に行きました。
 大体東京で着ているのと同じような服装で行っています。
 ただ共通して言えることは、昼間は日差しが強く暖かいけど、
 夜はぐっと冷え込むということ。

 また、10月まではホテルの中やショー会場は冷房が効いています。
 カジノフロアに長くいると身体が冷えてくるし、以前「O(オー)」を
 見に行った時は、寒さで後半はショーに集中できませんでした。

 今回(10月)私は昼間もずっと長袖で過ごしていました。
 日中は30度以上あるのに湿度が低いせいか、不思議と長袖でも暑くありません。
 日焼け予防にもなるしね。

 9月・10月は昼間は半袖 or 長袖1枚でOK。夜は上に羽織るものが必要。
 11月〜3月は、夜は特に冷え込むので寒さ対策を万全に。  

  乾燥対策も忘れずに
 
ラスベガスの乾燥はハンパじゃない。
 体内への水分補給はもちろんのこと、肌や喉・鼻のケアも大事。

 私はいつも機内から乾燥対策をしています。
 飛行機に乗ったらすぐにメイクを落とし、基礎化粧品で肌を整え、
 保湿マスクを顔にのせます。ちょっと恥ずかしいけど、暗くなってし
 まえばわからないし。

 現地ではシャワー後の保湿マスクを欠かさず、寝るときはビショビショに
 濡らしたタオルを干し、水を張ったグラスを置きます。

 それなのに・・・今回は肌のダメージをかなり受けてしまった!
 帰ってきて「老けた?」なんて言われたり(;_;)
 後で泣かないようにお肌のケアはしっかりしないと!
 

■鼻が弱い方はマスクもおすすめ。リップクリームは現地で買うと高いので、お忘れなく。

■量もたっぷり入ってます。

  ラスベガスのお土産
 いつもお土産にするのは、99セントショップで買うハンドソープ。
 日本のハンドソープよりもいい香りで色がきれいで容器もかわいい。

 今回サンセットステーションで買ったけど、ストリップ近くにも99セント
 ショップはあります。場所はバリーズとブルズの間のFlaming Roadから、
 東へCATバスで10分。バス停はバリーズの前にあります。

  1セント機が面白い
 
ストーリー性のあるゲーム感覚の1セント機が増えたなぁと
 思いました。もう「BAR」は古いって感じ。

 今回ハマったのは「トップガン」。「トップガンボーナス」が揃うと
 ケニー・ロギンスの曲がかかり、映画さながらに戦闘機が現れ
 敵の戦闘機を撃ち落とし、点数が加算されていきます。

 椅子の頭の部分のスピーカーから音が出てきて、大迫力!
 10,000点(100ドル)を出したし、隣の席では30,000点(300ドル)を
 出している人もいたので、1セント機と言えどもあなどれない!
 

■「ルクソール」写真は昨年のもの。今年はピラミッドの壁面に絵が描かれていました。

■5.75ドルのステーキブリトー

  メキシカンにハマった!
 
今回ハマった食べ物がブリトーやタコスといったメキシカン料理。
 辛いものは苦手で今まで避けていたけど、サルサソースやアボカドソースが
 こんなに美味しいなんて!特にChipotleのブリトーがお気に入り。

 やわらかいトルティーヤにご飯や牛肉・レタス・トマト・ピーマン・サルサ
 ソースなどをチョイス。アルミホイルでくるくると巻いてくれます。
 野菜たっぷりでヘルシーだし、結構大きくて1本食べたらお腹いっぱい。

 場所は「Harrah's(ハラス)」の隣にあるフードコート。
 パンダエクスプレス、ピザ屋さんと一緒に入ってます。
My Las Vegas Collection
 
■コンプカード。ラフリンのも含めて全部で18枚あります。   ■各ホテルのボールペン。特に意味はないけどホテル巡りをしているうちに集まってしまいました。
ラスベガスの風景 
  
■ベラッジオの噴水ショー。    ■マンダリンベイ。金色に輝く壁面が、遠くからでも目立ちます。    ■ハラスの前。DEUCEバスの窓から。
  
■ベラッジオから見たパリスのエッフェル塔。噴水ショーの裏側から。    ■ベネチアンのゴンドラ。  ■フリーモントの電飾ショー。 


ミリオネラになる夢は今年も夢で終わってしまったけど、
何度行っても楽しいラスベガス。
また行けるといいな。


ラスベガス旅行記メニュー       (2007年9月28日〜10月3日)


ラスベガス旅行記TOP サンセットステーション フラミンゴ・ラスベガス チャイナタウン

ラフリン ラスベガスのあれこれ
  観光情報やグルメ情報も満載!ラフリンとラスベガスの旅行記はこちら ⇒ ラフリンとラスベガスの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve