テニアン島*ダイビング

テニアン島へは素敵な恋人と行こう!
   
   

テニアン島*ダイビング

 HOME > テニアン旅行記TOP > ダイビング > レストラン > 風景
テニアンでダイビング

■このボートで海へ

  ダイブショップ
 お世話になったショップは、フレミングホテルの斜め前にある
 C-Quest(シークエスト)

 料金は3ボートダイブで165ドル。
 オーナーの仲村さんはちょっと天然?入っているような・・・
 とっても面白い方でした。

 びっくりしたのは殿様ダイビングだったこと。
 器材のセッティングから洗いまで、スタッフが全てやってくれます。

ダイブポイント
フレミングポイント
  
■初日の1本目は透明度の高いドロップオフ。うわーなんて海の色が青いんだろう!ふと見上げると2匹のアオウミガメが 泳いでいました。その後も朝ごはん中のアオウミガメに遭遇。食べるのに夢中なのか、近づいても全然逃げません。アオウミガメは全部で4匹見ました。*見た魚・・・フチドリハナダイ、クマノミ、スミレナガハナダイ、ナンヨウハギ、ミツボシクロスズメダイなど
テニアングロット
  
■テニアンで一番の人気ポイント・グロットをリクエスト。天井の穴から差し込む光と洞窟の黒、そして海のブルーのコントラストがとっても神秘的で言葉にいい表せないほど。マクロ派の私も、この美しさに大感動でした。*見た魚・・・カッポレ、オニハタタテダイ、アカマツカサ、アカモンガラ、クロユリハゼ、ハタタテハゼなど
クエスト
  
■2日目の2本目。砂地とサンゴが半々。ガイドの仲村さんによると、ここが一番のお勧めポイントだそう。バラフエダイやヨスジフエダイの群れがいました。*見た魚・・・アカマツカサ、ハナゴイ、クロユリハゼ、ハタタテハゼ、オレンジフィンクマノミなど
ウラシマ
  
■深場ポイントばかりだったので、最後の1本は砂地のまったりポイントをリクエスト。カスミアジが1匹、ガイドの仲村さんの周りをずっと泳いでいました。白い砂地と海の青がとってもきれい。 マダラトビエイが砂地の上でご休憩。そーっと近づいたけど、 あっという間にどこかに泳いでいってしまいました。遠かったのであまり良い写真が撮れませんでした。残念(・_・;) *見た魚・・・ハナゴイ、ダスキークマノミ、ハナビラクマノミ、イエローガーデンイールなど
   

ダイビングスタイルは、午前中2本、港に戻ってお昼ごはんを食べた後、午後1本。
お昼ご飯の後は部屋に戻って少し休憩。

朝8時の集合はちょっと早いな、と思ったけど早くポイントに着ける分、
サイパンからのダイバーたちとかち会うこともなく、全く荒らされてない海に潜れます。


ダイブポイントまで15〜30分。透明度は30〜35m。
2日目は少し透明度が落ちました。
魚はあまりいないけど、とにかく青色の濃さに大感動!
海の色がこんなに青いなんて!
でももうちょっと魚が見たいな〜なんて贅沢?

シークエストの仲山さん、ありがとうございました(^。^*)/


テニアン旅行記メニュー         (2008年4月28日〜5月1日)
テニアン旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 テニアンの風景編

透明度40mのロタブルーに大感動!ロタ島の旅行記はこちら ⇒ ロタ島の旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve