パラオ*ダイビング

パラオへは素敵な恋人と行こう!
 
   

パラオ*ダイビング

 HOME > パラオ旅行記TOP > ダイビング > グルメ > ブログ
パラオでダイビング

  ダイブショップ
 パラオでお世話になったショップは、ブルーマーリン
 料金は2ボートダイブがネット予約割引で100ドル、
 追加1ダイブ60ドル(ランチ代込み)。

  宿泊しているDWモーテルに、8:25にお迎えがあり
 ショップまで車で10分。
 この観光船のようなスピードボートでポイントへ。
 前向きのシートのせいか、あまり疲れを感じなかった。
 ボートにはトイレがあり、飲み物も用意されていました。
ダイブポイント


  ブルーコーナー
 パラオの1本目とラストは念願のブルーコーナー!
 ストロングカレントを想像していたけど、意外にも
 とっても穏やか。

 カンムリブダイ、マダラタルミとホホスジタルミの
 トルネード、大きなクエやヨコシマサワラなど
 盛りだくさん。

■ブラックフィンバラクーダ&ギンガメアジの群れ

■マダラトビエイの子どもが3枚 ■ホワイト&ブラックチップシャークも ■メスのナポちゃん


■ギンガメの8の字トルネード      ■ロクセンヤッコ     

  シアストンネル
 洞窟がある地形ポイント。透明度良し!
 洞窟に入ると遥か下、40m付近にギンガメ
 トルネード。レア物のバージェスバタフライ。

 洞窟の外は深いウォール。
 ハクテンカタギ、イッテンチョウチョウウオ、
 カスミチョウチョウウオ、ソメワケヤッコ、
 アデヤッコ、ニシキヤッコ、ナポちゃんなど。

  シアステール
 透明度が良く、海が青い!サンゴがキレイ。
 棚の上を流されながらお魚ウォッチング。
 
 ギンガメ、バラクーダ、マダラタルミ、ウメイロ
 モドキ、ヒメフエダイ、オオメカマスなど群れ
 だらけ。アカネハナゴイ、ハナダイ、アオマスク
 などキレイ系の魚も。こういうポイントって好き。

■カンムリブダイの大家族に遭遇

  ニュードロップオフ
 海が青い!すごい激流でカレントフックを初使用。
 崖の下にはインドオキアジの群れ。

 アカモンガラ、マダラタルミ、ホホスジタルミ、
 ユメウメイロ、ヨシジフエダイなどここでも
 群れだらけ。メジロザメ、アオウミガメや
 タイマイも。

  ブルーホール
 透明度はイマイチ。水深23m付近からホールに
 入ると、天井がいくつか口を開けていて、差し込む
 光が幻想的。ホールの中にはウコンハネガイ、
 逆さまになっているミナミハタ、カッポレが1匹、
 出口付近にクレナイニセスズメ。

 ホールを出ると深い壁。流れが結構きつかった。
 

■大きな口を開けたグルクマの群れ    ■ヨスジフエダイの群れ

  ウーロンチャネル
 両サイドにサンゴ、下は砂地のチャネルを
 カレントに流されながら楽ちんダイブ。
 キャベツコーラルやテーブルサンゴが大きくて、
 それは見事!大きな目をしたホウセキキントキ、
 ガーデンイールも。

 チャネルを抜けると真っ白な砂地。
 ネムリブカが2匹お休み中でした。


透明度は15〜28m。
想像していたよりは良くなかったけど、
バラクーダやギンガメ、回遊魚たちの群れ、
たくさんの魚たち&地形も楽しめて、
大大大満足!

すっかりパラオの海に魅了されてしまいました。
今度は冬のパラオに行きたい!

スタッフの皆さんは親切で、ストレスフリーの
楽しいダイビングができました。

ブルーマーリンのHIROMIさん、SHOGOさん、KANEさん、
スタッフの皆さん、ありがとうございました(^_^*)/


パラオ旅行記メニュー         (2016年8月30日〜9月3日)

   
パラオ旅行記TOP ダイビング編 グルメ編 ブログ編
 
透明度40mのロタブルーに大感動!ロタ島の旅行記はこちら ⇒ ロタ島の旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve