ボホール島*ダイビング

ボホール島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

ボホール島*ダイビング 

 HOME > ボホール島旅行記TOP > ホテル > ダイビング > レストラン > 風景
ボホール島でダイビング(Diving in Bohol)

  ダイブショップ(Philippine Fan Divers)
 アロナビーチに到着したら、午後はダイブショップ探し。
 前回お世話になったBAY WATCHは、工事中で営業していませんでした。

 で、1軒1軒料金を聞き、雰囲気を見て、決めたのが
 ロストホライズンに併設しているフィリピンファンダイバーズ
 オーナーは日本人のレナさん。ちっちゃくて細いのにパワフルで
 おちゃめな女性です。他に日本人ガイドのヒロシさんもいます。

 料金は1ボートダイブ1,245ペソ(2,358円)。10本で6%割引きになります。
 ショップもきれいだし、ボートも広くて快適でした(*^_^*)
  

ダイブポイント(Dive Points)
ブラックフォレスト(バリカサグ島)
  
■初日は波が高くてバリカサグへ行けず、2日目から念願のバリカサグへ。ブラックフォレストへは4回行って、ギンガメの群れが見られたのは2回。グルクマやササムロ、ムレハタタテダイ、ヨスジフエダイの群れ、カスミアジ、大きなアオウミガメやホワイトチップシャーク、クエなど、魚の種類は豊富。浅瀬のサンゴがとってもキレイでした。
ローヤルガーデン(バリカサグ島)
  
■4日目にして待望のバラクーダの群れに遭遇!!本来はブラックフォレストがバラクーダやギンガメが見られることで有名なポイント。でもここローヤルガーデンで潜降するとすぐにバラクーダの群れが!期待していなかっただけにびっくり&感動!ゆっくりと群れについて行って、写真を撮るのもやめてぼーっと眺めていました。ほかにサラサゴンベ、ツユベラ、大きなハマフエフキ、アヤコショウダイなど。
ダイバーズヘブン(バリカサグ島)
 
■ウォールからサンゴ地帯へ。笑うホヤやニコニコウミウシ、さまざまな種類のスズメダイ、海面近くにオヤビッチャの群れがたーくさんいました。サンゴがカラフルな癒しポイント。
カリパヤン(アロナビーチ)
  
■砂地のまったりダイブ。コブシメのBabyやテンスの幼魚、トウアカクマノミ、オオモンカエルアンコウ、ニシキフウライウオ、カミソリウオ、ガーデンイール、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、アカホシカニダマシ、メイタイイシガキフグなどマクロ天国。
   

ダイビングスタイルは1日2〜3本。
ダイブポイント(バリカサグ島)まで約40分で、2本潜ってアロナビーチへ戻り、
3本目はハウスリーフを潜ります。

前回はバリカサグへ2回行き、2回ともギンガメとバラクーダの群れに
出会えたのだけど、今回は4回行き、ギンガメは2回、バラクーダは1回だけでした。
有名になりすぎて、船が増えたせいじゃないかな、とガイドさん。

到着したころは台風の影響で波が高く、ショップの前から船が出せず
車で15分のDLJO BEACH(ドルホビーチ)から出発。

ドルホビーチは浅瀬のサンゴやスズメダイ系はきれいだったけど、
深場は特にこれといって見るものはありませんでした。

透明度は15〜18mくらい。
だんだんと天気が回復してきて、透明度とともにテンションも上がってきて
楽しいダイビングができました。

フィリピンファンダイバーズのRENAさん、HIROSHIさん、
ありがとうございました(^。^*)/


2006年のダイビング編はこちら

ボホール島・アロナビーチ 滞在記 MENU     (2011年8月24日〜9月1日)
アロナビーチ滞在記TOP ホテル編 ダイビング編 レストラン編 アロナビーチ&マニラ編

イワシの大群に大興奮!セブ島・モアルボアルの旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve