ロタ島*ダイビング

ロタ島へは素敵な恋人と行こう!
   
   

ロタ島*ダイビング 

 HOME > ロタ島旅行記TOP > ダイビング > レストラン > 風景
ロタ島でダイビング

  ダイブショップ
 お世話になったショップは、マリンダイビング
 ベストダイビングサービス部門で常連のブルーパームス
 料金は2ボートダイブ95ドル、追加1ダイブ45ドル。

 ガイドの高久めぐみさんは、2010年のミス・ダイビングガイド部門で
 優勝した方。楽しいダイビングが期待できそう(^_^)

 コーラルガーデンホテルから歩いて10分。
 2階はギフトショップになっています。
ダイブポイント
ロタホール

■ロタで一番有名なポイント。6月のこの時期は光が強く、真上から射すのでベストシーズン。午前中と午後と2回潜り、午前中は光の幅が狭く、スポットライトみたい。午後は幅が広く、光のカーテンのようでした。ロタブルーと呼ばれる透明度50mの海に、光と影のコントラスト。想像以上に美しい、まさに幻想の世界!もうサイコー\(^o^)/
 
■ホールに射し込む光を浴びながら浮上。このまま天国にでも行ってしまいそうな感じ。海面に出ると、そこは「青の洞窟」さながらの光景が。ブルーがとーってもきれいで、しばしボーッとしていました。このままずーっとここにいたいって思っちゃった。
松運丸
  
■1944年、第2次世界大戦終前に沈められたという貨物船。ボートの上からも影が見えます。水深30mでも見えちゃうなんて、さすが透明度の良いロタ。全長128m、ビル3階相当の船はダイナミック!下から見ると、ほんとに大きい。びっき〜2号は高所恐怖症なので、高さを感じて怖くなってしまったんですって。船の中には自転車やトラックも。砂地にはガーデンイールがいました。
ピナタンリーフ
  
■ロタ松島と呼ばれるピナタンパーク沖にある「ピナタンリーフ」。砂地とサンゴのまったりポイント。こういう浅瀬の癒しポイントって結構好き。ダスキーアネモネフィッシュ、ホシテンス、レッドバンデットプラウンコビーなど、マクロも豊富。砂地の白がとってもきれいでした。
ジェリーズリーフ
   
■2日目の3本目は私たちの150本目のダイビング。一緒に潜ったダイバーさんがお祝いをしてくれました。砂地に寝転んで「150」の人文字。陸上で練習したので、海の中でもすぐにできました。皆さん、お祝いありがとうございました。その後はフィンを脱いで砂の上を走ったりしてお遊び。すーっごく楽しかったぁ。


ダイビングスタイルは、1日2〜3本。1本ごとにショップに戻ります。
お昼ご飯はショップでお弁当。

東港まで車で1分、西港も車で3分と近く、
 ダイブポイントまで5〜10分。
 移動の時間が短いのでラクチン(^_^)

ガイドのめぐみさんは、丁寧なだけでなく、
ユーモアあふれるガイドでさすが「ミス・ガイド」!
とっても楽しいダイビングができました。

ブルーパームスの和地さん、めぐみさん、ありがとうございました(^。^*)/


ロタ島旅行記メニュー             (2010年6月4日〜8日)
ロタ島旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 ロタ島の風景編

ロタ島に負けない青い海!テニアン島の旅行記はこちら ⇒ テニアン島の旅行記 



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve