モアルボアル*ごはん

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*ごはん

 HOME > モアルボアル旅行記TOP > ダイビング > レストラン > ブログ
モアルボアルのグルメ・レストラン

  シルバーレイ(Silver Ray)
 宿泊しているサベドラの前、フィリピン料理を始め、
 パスタやピザなど幅広い料理があり、お味もまあまあで
 比較的お安いお値段の店。朝食に、ディナーに利用しました。

 しかし…以前はあまり待たされたことがなかったんだけど
 訪れた日の夜は料理が提供されるまでなんと1時間!
 スタッフの対応が良くなくてかなり評価が下がりました( ̄へ  ̄ 凸
 ご一緒した皆さんとビールを飲んで食べて一人350ペソ。
 【レート:1ペソ=2.25円】

■フライドチキン   ■ペンネアラビアータ   ■豚肉を煮込んだもの

■パティス(魚醤)が効いたしっかりとした味付けのフライドライス(P99)   ■フィリピンブレックファスト(P79)   ■オムレット(P99)

  ラストフィリングステーション
 (Last Filling Station)

 ピザやパスタが美味しいイタリアンレストラン。
 ご一緒したダイバーさんたちと飲んで食べて
 一人560ペソ。

 ←朝食に頂いたフィリピンブレックファストと
 フレンチブレックファスト(どちらもP225)。

■きのことモッツァレラチーズのフンギピッツァ。   ■何ピザかな。野菜がたっぷり。ここのピザは生地がカリッとして美味しい。

■ナスのアドボ   ■カラマリフリッター(イカリングフライ)  ■フライドカントン(空芯菜の炒め物)
ランタウレストラン(Lantaw Restaurant)

■チキンカレー(P210)。お肉がたくさん入ってスパイスが効いたココナッツミルクのカレー。   ■以前は料理が出てくるのが早くてスタッフの対応もきびきびしていたんだけど、この日は遅いしおばちゃんが無愛想(ー'`ー;)
リトルコーナー(Little Corner)

■ベジタブルカレー。ちょっと野菜が固めだけどスパイスとココナッツミルクで良いお味。   ■ビーフステーキ with ミックスドベジタブル。野菜の下には分厚いステーキ。   ■シュリンプガーリック。ぷりぷりエビとガーリックソースが合う!

■パンシットカントン。エビとキャベツでボリューミー。 ■ポークシュニッチェル with シャンピニオンクリーム。濃厚なクリームソースでビールがうまい!
 
  MAKAN
 シークエストの隣にできた新しい店。
 sizzing(鉄板焼き)が売りみたい。
 煙を上げてジュウジュウ音がする鉄板焼きは
 食欲をそそります。

 料理が出てくるのが早くて注文した料理は
 3品とも美味しかった!

■シズリングコンバスアヒージョ(P220)。鉄板焼きのアヒージョ。   ■フライドレタス(P150)。ニンニクが効いた濃いめの醤油味。   ■ポークコルドンブルー(P190)。外はカリッ、中からハムとチーズがとろ〜り。
ロードサイドイータリー(Rordside Eatery)

■フィリピンブレックファスト(P99)。コーヒーか紅茶つき。ご飯が雑穀米なのが嬉しい。   ■鳥取のTさんおススメ、静かでキレイで落ち着ける店。
マヤスレストラン(Mayas Restaurant)

■トルティーヤを揚げたタコチップス。サルサソースをつけていただきます。   ■トルティーヤに肉と野菜を包んでトマトソースをチーズをかけて焼いたエンチラーダ。  ■トルティーヤに肉やチャーハンを挟んで食べるタコプレート。

■オムレット   ■ミーゴレン   ■すっごく大きなブリトー

M&Lダイバーのゲストの皆さんと
楽しい思い出をありがとう!



今回はご一緒したダイバーさんたちとほぼ毎日夕食。
ディナーの後はエスターバー、
その後はチリバーでダンシングと
毎日がお祭り騒ぎ。

期待通りのダイビングとご一緒した皆さんとの
お喋りと美味しいお酒。
とってもとっても楽しかった!

モアルボアルの海と
モアルボアルで出会った皆さん

素敵な時間を




モアルボアルの地図はこちら

モアルボアル旅行記メニュー       (2017年4月28日〜5月5日)

   
モアルボアル旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 ブログ編

2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve