モアルボアル*海

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*海

 HOME > モアルボアル旅行記TOP > ダイビング > レストラン > ブログ
モアルボアルでダイビング
【レート:1ペソ=2.25円】

  M&Lダイバータウン(M&L Diver Town)
 毎回お世話になっているダイビングショップ「オーシャングローブ」が、
 3月にM&Lダイバータウンに生まれ変わりました。
 でも、マネージャーの本田さん他スタッフは変わっていないのでいつも通り。

 料金は1ボートダイブ900ペソ、10本潜ると10%OFF。
 このダイビングフィーは世界一(?)安い!

 毎年この時期にお会いしている方たちとの再会も楽しいし、
 小さなボートなので、初めてお会いした方たちともすぐに
 打ち解けてお喋りできちゃうのが魅力。
ダイビングポイント

  マンダリン
 浅瀬のエダサンゴがお花畑のようにカラフルでキレイ。

 スプリンガーダムゼル、ダルボッツダムゼル、
 アンボンスズメダイ、オオゴンニジギンポ、
 ヘラヤガラ、ヘコアユ、ユメウメイロ、アオギハゼなど。

 エキジット前はサンゴの間に隠れてるマンダリン探し⇒

■30分粘って正面から可愛い顔が撮れた

■クラカケチョウチョウウオ ■ツースポットブレニー  ■お花畑のようなカラフルなサンゴ
 
■イワシの群れ

  オスカーケーブ
 エントリーするとすぐにイワシの群れ。
 以前と比べると数は減ったかな。
 ローランドダムゼル、ツユベラの幼魚、オイランヨウジにヨウジウオ、
 クロユリハゼ、ウミウシがたくさん。

 ショップに近いポイントでビーチエキジット。
 浅瀬の海藻がゆらゆらしてきれいでした。

■カクレクマノミ ■アオウミガメ  ■サラサゴンベ

  トンゴサンクリュアリ
 透明度はあまり良くない。カレント少々あり。
 ケーブの中にクレナイニセスズメ、浅瀬のサンゴに
 マンジュウイシモチ。

 バブルコーラルシュリンプ、ミナミハコフグ、
 ヤスジチョウチョウウオ、アオウミガメなど。
 海面近くにコブシメが3匹ひらひらしながら泳いで行きました。

■15分粘って撮ったマンジュウイシモチ

■カエルアンコウ  ■アオウミガメ  ■ニチリンダテハゼ
タリサイ

■キンセンハゼ ■ガラスハゼ

  ドルフィンハウス
 珊瑚の種類が豊富!
 壁に薄紫色の花のようなソフトコーラルが
 ぎっしり!

 パープルビューティの舞いがとっても
 キレイ。カレントが強くて疲れた〜(゚ρ`)
■ハタタテハゼ
■ヒレフリサンカクハゼ

■オオモンカエルアンコウ

  ペスカドール
 オオモンカエルアンコウ2匹、ケーブの中に大きなモヨウフグ、
 小さな群れのギンガメアジが2回、ナンヨウカイワリのペア、
 大きなハナミノカサゴ、チョウハン、ソメワケヤッコ、ツバメウオ、
 マダラタルミ、ホソフエダイの群れなど盛りだくさん。

 棚の上のカレントが強かった〜。
 時計周りは魚影が濃くて群れが多く、反対周りはなんかイマイチでした。

■ギンガメアジの群れ  ■オオモンカエルアンコウ  ■ハダカハオコゼ
祝☆300本!

■4日目は私たちの300本目のダイビング。M&Lダイバータウンから記念のタオルを頂きました。

 
ダイビングスタイルは午前2本、ランチタイムの後1本。
1本目は9時出発で、終了するのは17時ごろ。

 ダイブポイントまで5分〜15分と近く、
一番遠いところでも30分弱。
1本ごとにショップに戻るので、船の上で過ごす時間が
短いので楽ちん。

透明度は12〜13mくらい。
色とりどりのサンゴ、豊富な魚たち、マンジュウイシモチや
ニシキテグリなどのレアな魚にも出会えて
チョー楽しかった!

M&Lダイバータウンの本田さん、アリエル、
スタッフの皆さん、ありがとう!
大満足のダイビングでした。

また来年もお願い致します(^。^*)/


モアルボアル旅行記メニュー       (2017年4月28日〜5月5日)

   
モアルボアル旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 ブログ編

2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve