モアルボアル*ディナー

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*ディナー

 HOME > モアルボアル旅行記TOP > ダイビング > レストラン > ブログ
モアルボアルのレストラン
ラストフィリング・ステーション(Last Filling Station)  【レート:1ペソ=2.43円】
  
■ペパロニピッツァ(P245)。カリッとした生地とチーズがサイコー。   ■フンギピッツァ(P245)。たっぷりのモッツァレラチーズとマッシュールーム。ここのピザってマジ好き(*^_^*)   ■カラマリフリッター(P245)。チリソースをつけて食べるイカのリングフライ。
 
■フライドカンコン(P165)。カンコン(空芯菜)の炒め物。ニンニクが効いて美味しい!   ■ナスのアドボ(P145)。醤油と酢などで煮込んだフィリピン料理。
シルバーレイ(Silver Ray)
  
■ポークコルドンブルー(P190)。チーズとハムを挟んだトンカツ。チーズがトロトロ。   ■シュリンプフライドライス(P130)。炒飯やタイのフライドライスとも違うんだけど、何だか美味しかった。   ■フィリピン料理を中心に、ピザやパスタもあり、比較的手頃なお値段の店です。
サーフェスインターバルレストラン(Surface Interval Restraunt)
 
■アンソニーホテル前にあるローカルな食堂。安くて早くて美味しい。ちょっと揚げ過ぎのフライドフィッシュと海老のかき揚げ、ご飯、ココナッツジュース、マンゴー(2人分でトータルP300)。
リトルコーナー(Little Corner)
  
■ベジタブルカレー(P150)。肉なしだけどココナッツミルクやスパイスなどで野菜が美味しい。   ■ポークシュニッチェル with シャンピニオンクリーム(P200)。ポークステーキに濃厚なクリームソースとマッシュルーム。   ■ビーフステーキ with ミックスドベジタブル(P250)。野菜たっぷりでお肉もボリュームあり。
 
■パンシットカントン(P180)。醤油味でエビや肉など具もたくさん。 ■料理はボリュームがあるので大勢で行くのがベスト。今回はご一緒したダイバーさんたちと行きました。
ランタウレストラン(Lantaw Restaurant)
  
■シュリンプテンプラ(P195)。以前はフリッターのようだったけど、エビフライになっていました。   ■チキンINバーベキュー(P210)。ピーナッツソースのサテー。肉厚でまあまあ。   ■鶏肉のカシューナッツ炒め (P205)。カシューナッツがないそうで、ピーナッツになっちゃった。
ベランダ(Veranda)
 
■パンシットカントン(P180)。アジアっぽいお味で美味しかった。量は少なめ。   ■クラブハウスサンドイッチ(P180)。レタス、ハム、卵、チーズでボリューミー。もうちょっとパンに焦げ目が欲しいな。
カフェ・セブアノ(Cafe Cebano)
  
■チキンカレー (P350)。ココナッツ風味のグリーンカレー。お味はまあまあ。   ■シンガポールフライドヌードル(P230)。ビーフンに野菜やエビ、卵が入ったボリュームのある焼きそば。   ■海が臨める素敵なレストラン。お値段少々高めだけど雰囲気はGOOD。
イブスキヨスクロッジ(Eve's Kiosk Loge)
 
■ボロネーゼ(P120)。麺少々茹ですぎ。お味は普通。   ■いつもすいているので待たされることもありません。お値段安め。
ココナッツ(Cocko Nats)
  
■シュリンプテンプラ(P150)。かなりディープなエビフライ。   ■フレミングチキン(P295)。店の真ん中で鉄板で焼いた肉や野菜をフランベ。炎を上げるのでちょっとしたパフォーマンスになっています。   ■細切りのチキンと野菜に濃厚なガーリックバターソース。とっても美味しかった!ビールがすすむお味です。


ディナーの後はご一緒したダイバーさんたちと
エスターバーで2次会。
皆さんとの楽しいおしゃべりでお酒がすすみました(*^_^*)

昨年まであった「マイタイレスト&バー」が「チリバー」に
なってて、女の子たちも辞めちゃってた。
ここでママたちとお喋りしたり、踊ったりするのが
楽しかったのに…残念| ̄ω ̄、|

今年はずーっと天気が良く、暑くて
ダイビングも期待通り。

モアルボアルの海と、モアルボアルで出会った皆さん

素敵な時間を




モアルボアルの地図はこちら

モアルボアル旅行記メニュー       (2016年4月28日〜5月4日)

   
モアルボアル旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 ブログ編

   2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve