モアルボアル*ダイビングショップ

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*ダイビングショップ

 HOME > モアルボアル旅行記TOP > ダイビング > レストラン > 風景
モアルボアルでダイビング
【レート:1ペソ=2.98円】

  ダイブショップ(Ocean Globe)
 今回もお世話になったショップはオーシャングローブ
 今年は何と!最終日が満員で断られてしまった。。。(涙)


 宿泊しているマリーナヴィレッジから歩いて3分。
 料金は1ボートダイブ900ペソ、10本潜ると10%OFF。
 このダイビングフィーは、世界一(?)安い!

 ダイビングスタイルは午前中1本、午後2本。
 1本当たり約1時間とダイブタイムもたっぷり。
 ダイブポイントまで5分〜20分と近く、1本ごとにショップに戻ります。
ダイビングポイント

  オスカーケーブ
 イワシの群れが今年も健在!
 背びれを動かすヒレフリサンカクハゼ
 などのマクロ生物も。

 頭に紫色のティアラを乗せた、ローランド
 ダムゼルの幼魚がピコピコ動いている姿が
 とっても可愛かった(゚ー゚*) ショップから近い
 ポイントでビーチエキジット。

■ピンク色がキレイなカエルアンコウ。

■チョウチョウコショウダイの幼魚。
  
■全てを覆いつくしてしまいそうなほど、ものすごい数のイワシの群れ。ツムブリやナンヨウカイワリの群れ、アオウミガメがイワシの群れに突進すると、それらを除けて色んな形に変化する。ひとつの塊が様々な形に変えて、うごめく姿は圧巻!
  
■織物のようにキレイなボディのチリメンウミウシ。縁取りが黄色いとサラサウミウシです。   ■オオモンカエルアンコウ。
タリサイ
  
■モアルではイワシと並ぶ人気の色彩鮮やかなマンダリン。ガイドのアルビンがマンダリンポイントに連れて行ってくれた。アルビンTHANK YOU!ここでもイワシの大群がやってきて、360度グル―っと囲まれた!ドロップオフをゆる〜いカレントに乗って、ビーチエキジット。
 
■お腹がぷっくりした妊娠中のテールスポットブレニー。 

  トンゴ・サンクチュアリ
 モアルで一番好きなポイント。
 ウメイロモドキやタカサゴの群れ、
 パープルビューティやハナダイなどの
 キレイ系、サクラコシオリエビや
 オトヒメカクレエビなどバラエティ豊か。

 洞窟の中にニチリンダテハゼ、ツバメウオや
 アカククリ、オイランヨウジやユカタハタ
 なども見られました。
 
■ハダカハオコゼ。   ■ツースポットブレニー。
エアプレイン
  
■砂地のスロープを行くと、水深23m付近に小型飛行機が。プレインの近くにはヒレナガネジリンボウやチンアナゴ、ニチリンダテハゼも。スーパー極小のチョウチョウコショウダイの幼魚やアザレカクレモエビ、ソリハシコモンエビ、オトヒメカクレエビなどマクロ天国。

  マンダリン
 マンダリンという名前だけあって、
 ここにもマンダリンが。でもサンゴの隙間が
 狭くてうまく撮れなかった('0'*)


 コガネシマアジの幼魚が、ガイドの
 ミドリさんやダイバーKさんに遊泳
 していました。
 リーフトップのスズメダイがとってもキレイ。

■大きなアオウミガメと2ショット。

■イエローリングワープゴビー。
トブレ
  
■アオウミガメに5匹遭遇。浅瀬のサンゴがとーってもカラフル。   ■砂をかぶってお休み中のモヨウフグ。正面から見た顔がカワイイ。
トンゴ
  
■マンジュウイシモチに今年も会えた! ■フィリピン固有種のスプリンガーダムゼル。濃いブルーが鮮やか。 ■ミズタマサンゴの房に隠れているバブルコーラルシュリンプ。

  ネルソンズダイバー(Nelson's Scuba Diving School)
 オーシャングローブが満員のため、最終日のダイビングはネルソンズで。
 隣のイブスキヨスクロッジの経営者とは兄弟で、モアルで一番の老舗だそうです。
 料金はオーシャングローブと同じ1本900ペソ。意外にもダイバーは全員日本人。

 シャワーが出なくて、ドラム缶に入った水を桶で汲んで身体や器材を洗ったり、
 お店の中が汚なく座るところはない。何だか落ち着かない感じ。

 それと、出発時間が9:00、11:30、14:30。休憩時間が短くて慌ただしかった。
 ガイドは普通だと思うけど…やっぱりオーシャングローブの方がいいなぁ。

 モアルボアルのダイビングはほとんどがドロップオフ。
最後の15分はサンゴがキレイな棚の上でマクロ探し。
遊んでいるうちに安全停止ができてしまうので楽ちん。

透明度は15〜17mくらいで昨年よりいい!
水温は28℃台で、昨年までより1℃低く、肌寒く感じることもあったけど、
期待していたイワシの大群や、たくさんのカメに出会えて感激!

大好きなスズメダイの幼魚たちや花びらが舞い散るようなハナダイ、
カラフルなサンゴ、リーフトップの小魚たちにも癒されました。

オーシャングローブの本田さん、ミドリさん、アルビン、
スタッフの皆さん、ありがとうございました(^。^*)/


モアルボアル旅行記メニュー      (2015年4月29日〜5月4日)

   
モアルボアル旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 風景編

2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve