モアルボアル*グルメ

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*グルメ

 HOME > モアルボアル旅行記TOP > ダイビング > レストラン > 風景
モアルボアルのレストラン

  マヤズレストバー(Mayas Restbar)
 宿泊しているマヤスネイティブガーデンリゾートに併設しているレストラン。
 ガーデンビューで良い雰囲気。料理はメキシカンとフィリピン料理。

 メキシカンは英語で説明もあるけれど、基本スペイン語なので何だか
 わからないものも。でもいろいろ試してみるのも楽しい。

 料理はどれも量が多いので、大勢で行くのがBEST。
 今回はガイドのミドリさんやご一緒したダイバーさんたちと行きました。

【レート:1ペソ=2.38円】
  
■ブリトーにサルサソースとチーズをのせて焼いたエンチラーダ(P220)。濃厚なお味で美味しい   ■ポークベリー(P180)。甘辛い味付けのやわらか〜い豚バラ肉。美味しかった(^_^)   ■タコプレート(P220)。真ん中のサラダやチキンをトルティーヤに乗せて食べるおつまみ。ビールにぴったり。
 
■フィリピンブレックファスト(P195)。スクランブルエッグとコンビーフをご飯と混ぜて。意外とイケます。   ■ヌードルスープ(P160)。味は「サッポロ一番塩ラーメン」。野菜がたっぷり。
ラストフィリング・ステーション(Last Filling Station)
  
■ハワイアン(P245)。パイナップルの甘みとハムの塩味が合う!   ■フライドカントン(P125)。空芯菜の炒め物。ニンニクが効いて美味しい。   ■定番のカラマリ(P195)。カリカリのイカリングフライ。
  
■カルボナーラ(P195)。パスタのゆで加減もソースも良いのだけれど、卵がいり卵になってるのが残念。   ■朝食メニューのオムレット(P175)。ちょっと卵が焼き過ぎかな。もうちょっとふわふわだと嬉しいな。   ■ヨーロピアンブレックファスト(P175)。パン・クレープ・ジャム、どれも美味しい。マンゴージャムは手作りなんですって。
ランタウレストラン(Lantaw Restaurant)
  
■ナシゴレン(P180)。美味しいけど、カレー味で目玉焼きじゃなくてナシゴレンではない感じ。   ■エビがカリッと揚がったシュリンプテンプラ(P195)。ここへ来たら必ず食べます。   ■2階から海が見渡せて、とっても気持ちの良いレストラン。内装も以前よりオシャレになっていました。
リトルコーナー(Little Corner)
  
■大きなラプラプ(P2000)を7人でシェア。蒸したラプラプに醤油ベースのソース。ふんわりとした白身が美味し〜い。   ■イカのガーリックソース。イカが少ないけどソースがめちゃくちゃ美味しかった!   ■フィリピン焼きそばのパンシットカントン(P180)。麺は柔らかめで大きなキャベツがたくさん。
 
■ポークソテー with シャンピニオンクリーム(P200)。厚〜い豚肉にマッシュルームたっぷりのクリームソース。こんなに厚くて大きなお肉を食べたのは初めて。 ■海沿いのお店。雰囲気も料理も「ザ・フィリピン」って感じ。料理はどれもボリューム満点です。
シルバー・レイ(Silver Ray)
  
■チキンアドボ(P150)。今まで食べたのと違って胸肉で、あんまり煮込んでいない。ガイドのミドリさんによると、これがほんとのチキンアドボだそう。   ■豚肉にチーズとハムを挟んで揚げたポークコルドンブルー(P220)。名前だけでも美味しそう。   ■ポークソテー with シャンピニオンクリーム(P200)。リトルコーナーよりお肉が小さい。これくらいで充分かな。
カフェ・セブアノ(Cafe Cebano)
  
■ヌードルスープ(P150)。味はどこも同じ「サッポロ一番」。野菜がたくさん摂れるのが嬉しい。   ■パンケーキ(P180)。他で食べる分厚いパンケーキと違って、薄い生地でふわふわ。マンゴーも美味しい。   ■海沿いに新しくできた店。オシャレでちょっぴり高級な感じ。お姉さんたちの愛想も良い。

モアルボアルの地図はこちら

モアルボアル旅行記 メニュー        (2014年4月29日〜5月4日)
モアルボアル旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 モアルボアルの風景編

  2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve