モアルボアル*ダイビング

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*ダイビング

 HOME > モアルボアル旅行記TOP > ダイビング > レストラン > 風景
モアルボアルでダイビング(Diving in Moalboal)

  ダイブショップ(Ocean Globe)
 お世話になったショップは、前回と同じオーシャングローブ
 パナグサマビーチの一番南にあります。

 ショップのすぐ前からこのバンカーボートでポイントへ。
 3本目は潮が引いてボートが岸から離れるので、
 スタッフはタンクや機材を運ぶのが大変そうだった(@_@;)
 私たちは殿様ダイブでラクチン(*^^)

 マルコサスコテージから歩いて5分。
 料金は1ボートダイブ900ペソ(1,800円)、10本で10%OFFに
 なります。このダイビングフィーは、これまでで一番安い!

ダイブポイント(Dive Points)
ペスカドール島
  
■ドロップオフで流れが強く、大物が見られるポイント。エントリーするとすぐ下にイワシの大群が見えた!潜降すると360度ぐるっと囲まれ、どこを向いてもイワシ!玉とか群れというよりは、壁かカーテンのよう。群れがひとつの生き物のようにうごめいていて、それはもう圧巻です!一体どれだけの数のイワシがいるのだろう?ギンガメの群れも見られたし、大満足のペスカドールでした\(^o^)/
Kasai Wall(カサイウォール)
  
■ドロップオフ。水深20m付近にクダゴンベ。クダゴンベちゃんに会ったのは久しぶり。ウツボに擬態して身を守るシモフリタナバタウオ、モアルでは珍しいカスミアジなどが見られました。浅瀬には色んなサンゴがあってキレイでした。
Balabagon(バラバゴン)
  赤っぽく見えるけど
砂地です。
■深場の砂地。砂煙で透明度はイマイチ。トウアカクマノミ(4匹と3匹の2家族)、そのすぐ近くにブルーリボンという紫色の大きなハゼがいました。モアル初めての深場は、宇宙空間を泳いでいるようで気持ち良かった。トウアカを見たのも久しぶり。岩場の下にオバケインコハゼもいました。
Goby(ゴビー)
  
■すり鉢状の砂地。マクロ天国。ジョーフィッシュがいたのだけど、マスクが曇って良く見えなかった(´Д`|||) ニシキフウライウオ、ウミテングなど。カクレクマノミがチョーかわいい(^_^*)
Tongo(トンゴ)
 
■ドロップオフ。スケスケボディの小さなホソガラスハゼがイソバナの上に。エキジット直前にはアオウミガメが3匹。最初は小さいのが1匹、その後の2匹は大きかった。
   

ダイビングスタイルは1日3本。
ダイブポイントまで10分〜20分と近く、1本ごとにショップに戻ります。
午前中1本潜った後ランチで、午後2本。
朝は9時出発なのでのんびり。

透明度は15mくらい。
浅瀬のサンゴがとってもきれいで、ハナダイやスズメダイなど小魚系もキレイ。
今回は見られなかったけど、ピグミーやカエルアンコウもいるそうです。

また、ニシキテグリやマンジュウイシモチ、ジョーフィッシュ、
カニやエビなどマクロ系も豊富。
しかし何と言ってもイワシの大群には大感動!!

今回もとっても楽しいダイビングができました。
オーシャングローブの本田さん、ミドリさん、ありがとうございました(^。^*)/


モアルボアル 旅行記 メニュー       (2011年4月30日〜5月6日)
モアルボアル旅行記TOP ダイビング編 レストラン編 風景編
2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve