阿嘉島*ダイビング

沖縄へは素敵な恋人と行こう!
 
   

阿嘉島*ダイビング

 HOME > 阿嘉島旅行記TOP > ダイビング > 阿嘉島の風景
阿嘉島でダイビング

■広くて快適なシルエット号

  ダイブショップ
 お世話になったショップは、
ダイブシルエット
 阿嘉島にオープンして、今年で10周年になるそうです。
 細かな気遣いをしていただいて、ネットで評判の良いショップ
 というのも納得。少人数制なのも嬉しいポイント。

 夜8時からショップで泡盛を飲みながらログ付け。
 この時間もとても楽しかった!
 写真の撮り方も丁寧に指導していただきました。

 次に行った時も、またシルエットさんにお世話になりたいです(^-^)
ダイブポイント
アダン下(安慶名敷島)
  
■1本目からあまりの海の美しさに大感激!ニセアカホシカクレエビ、アカシマシラヒゲエビなどのマクロ生物から、キンメモドキ、スカシテンジクダイ、デバスズメダイの群れなどが見られました。
儀名(阿嘉島)
  
■岩陰でお休み中のアオウミガメに遭遇。私たちに気付いたのか、私の頭の上を越えてどこかに泳いで行きました。
海底砂漠(嘉比島)
  
■一面の砂地。まさに海底砂漠。魚はあまりいないけど、真っ白い砂と海のブルーのコントラストや砂紋がキレイでした。ヤシャハゼ、ガーデンイール、それから沖縄にはあまりいない言うウミテングも見られました。
久場東(久場島)
  
■水深2mのところにモンツキカエルウオが5〜6匹、巣穴からぴょこっと顔を出していました。


ダイビングスタイルは、午前中2本、午後1本。
1本ごとに港に戻ります。
午後はお昼ご飯を食べた後、
宿に戻ってシャワーを浴びてちょっとお昼寝。


ダイブポイントまで5〜15分。透明度は25〜30m。
天気が良くって海も穏やか。
とにかく、透明度の良さと魚の種類の豊富さに大感動!
海の色がすごーく青い!!
マクロ生物もたくさんいて、もぉ〜〜大満足!

シルエットの中山さん、芳江さん、ありがとうございました(^。^*)/


阿嘉島旅行記メニュー           (2007年7月6日〜9日)

  
阿嘉島旅行記TOP ダイビング編 風景編

  チービシ諸島でギンガメアジの群れやホワイトチップシャークに遭遇! ⇒ 那覇のダイビング旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve