阿嘉島*旅行記

沖縄へは素敵な恋人と行こう!
 
   

阿嘉島*旅行記

 HOME > 石垣島旅行記TOP > ダイビング > 阿嘉島の風景
      沖縄・阿嘉島(2007年7月6日〜9日)


阿嘉島
は那覇から船で1時間。
慶良間諸島のひとつです。

沖縄は今回が2回目。
前回は那覇ステイでダイビングは渡嘉敷島の方へ行ったけど、
ボートに乗っている時間が長いので、今回は離島にステイすることにしました。


■スケジュール
7月 6日(金) 日本航空JL917 羽田発11:45 → 那覇着14:15
高速フェリー 泊港発16:00 → 阿嘉島着17:10
7月 7日(土) 3ボートダイブ
7月 8日(日) 3ボートダイブ
 7月 9日(月) 高速フェリー 阿嘉島発10:10 → 泊港着11:10
日本航空JL906 那覇発12:40 → 羽田着15:10



■クイーン座間味号

  泊港から高速フェリーで阿嘉島へ。
 那覇空港から泊港までタクシーで30分(1,360円)。
 泊港から阿嘉島まで、座間味経由で1時間10分(往復5,230円)。

 クイーン座間味号はきれいで快適。泊港を出発した時はガラガラ
 だったけど、座間味でたくさんの人が乗ってきました。

 阿嘉島に降りると、各ショップのお迎えが。あちらこちらから
 「お久しぶり〜」と言う声が聞こえてきます。
 常連さんが多い島なのですね。

阿嘉島の宿(民宿 オーシム)

阿嘉島にはホテルと呼べるものはなく、ほとんどが昔ながらの素朴な民宿です。
この時期とても混んでいるらしく、10軒以上電話して、やっと空いていたのが「民宿 オーシム」。
ご両親が「ペンションくば」をやってらして、息子さん夫婦がこちらをやっているそうです。
1泊2食付きで6,300円でした。
 
  
■部屋は全部で5室、1室だけファミリー向けの広めの部屋がありました。エアコンはコインではなく、使い放題です。   ■バルコニーからの眺め。かすかに海が見えます。   ■バルコニーで他のダイバーさんと談笑。
  
■わき道に入った所にあります。シャワールームは海の家みたい。シャンプーやリンスは備え付けてありました。   ■夕食は、お刺身・チャンプルー・メイン・煮物・汁物・ご飯・デザート。沖縄料理が少ないので、ちょっと残念だったけど、程よい量で、どれも美味しかった♪ビールは自販機で買ってきます。   ■朝ご飯もあんまり沖縄っぽくありませんでした。ゆし豆腐が入った味噌汁は美味しかった。


阿嘉島の宿は、器材洗い場や干し場がどこにもあります。
オーシムにももちろんあって便利でした。
客層はダイバー・ノンダイバー半々。
食事の時はみんなでおしゃべりして楽しめました。

宿のかたは積極的にお客さんと会話する、という感じではなかったけど、
のんびりできて良い宿でした(*^_^*)

阿嘉島旅行記メニュー           (2007年7月6日〜9日)

  
阿嘉島旅行記TOP ダイビング編 風景編

  チービシ諸島でギンガメアジの群れやホワイトチップシャークに遭遇! ⇒ 那覇のダイビング旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve