セブ島*ダイビング

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

セブ島*ダイビング

 HOME > モアルボアル旅行記TOP > ダイビング > グルメ > マニラ > ブログ
モアルボアルでダイビング

  M&Lダイバータウン(M&L Diver Town)
 今年もお世話になったのはM&Lダイバータウン

 料金は1ボートダイブ900ペソ、10本潜ると1本サービス。
 昨年までと料金体制が替わったけど、やっぱり
 このダイビングフィーは世界一(?)安い!
【レート:1ペソ=2.1円】
ダイビングポイント
ペスカドール
  
■ケーブの中にいたアザハタ ■ミカドチョウチョウウオ  ■ハダカハオコゼ
  
■カエルアンコウ  ■ミカドウミウシ(スパニッシュダンサー)
トンゴサンクリュアリ
  
■マンジュウイシモチ ■2体重なったアンナウミウシ  ■アカメハゼ

■マンジュウイシモチ

  トンゴ
 洞窟の中に青い光を放つウコンハネガイが3つ。
 ラボックスラス、ナデシコカクレエビ、スプリンガーダムゼル、
 スパイダークラブ、ナンヨウカイワリのペア、イソコンペイトウガニ、
 ヒメサンゴガニ、キスジゲンロクダイ、ゴマハギ、
 ユメウメイロやタカサゴの群れなど。

 海面近くにはダツやミルクフィッシュもいました。
 
■アオウミガメ ■オトヒメエビ
サンパギータ
  
■筒の中にいたちっちゃなクシノハカクレエビ ■逆さまに泳いでるアオギハゼ  ■ツバメウオ

  ドルフィンハウス
 浅瀬に大きなテーブルがあり、
 スズメダイがたくさんいました。

■ハタタテダイ

■ハナゴイ
トブレサンクチュアリ
  
■ピグミーシーホース ■クラカケチョウチョウウオ ■ニシキフウライウオ

  マンダリン
 4時半発のトワイライトダイブ。
 日没後に上昇しながら交尾する
 シーンが見られるはずだったんだけど
 時間が早すぎて見られたのは
 サンゴの中に隠れた2匹だけでした。


ダイビングスタイルは午前2本、ランチタイムの後1本。
1本目は9時出発で、終了するのは16時〜17時ごろ。

 ダイブポイントまで5分〜15分と近く、
一本ごとにショップに戻ります。

透明度は15mくらいで
昨年より良かったような気がする。

今回はハウスリーフに一度も行かず(私たちは)
モアル名物のイワシの大群に遭遇できなかった。

でも、マンダリンやマンジュウイシモチなどのレアもの、
マクロ系や群れ、たくさんのカメなどに
出会えました!

M&Lダイバータウンの本田さん、
アリエル、スタッフの皆さん、
ありがとうございました!

モアルボアル旅行記メニュー       (2018年4月27日〜5月4日)


モアルボアル旅行記TOP ダイビング編 グルメ編 マニラ編 ブログ編

2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve