グアム*ダイビング

グアム島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

グアム*ダイビング

 HOME > グアム旅行記TOP > ダイビング > レストラン
グアムでダイビング

■3ボートダイブはこのハヤブサ号で

  ダイブショップ
  お世話になったショップは、宿泊しているタモンベイキャピタルホテルの
  1Fにあるジェントリーブルー
  料金は3ボートダイブ170ドル、2ボートダイブ96ドル(ランチ代込み)。

  3日間とも3ボートダイブにしたかったけど、2日目と3日目は自社ボートの
  ハヤブサが満員で予約が取れず、2ボートダイブに。
  3本目はビーチダイブを勧められたけど、
  タンクを背負って歩く自信がなく・・・パス。

  2ボートの日は他のショップと混載の大型船でした。
 
■ショップの前   ■大型船の操縦席
ダイブポイント
ビッグブルー
  
■グアム1本目のダイビング。エントリーするとすぐにブラックフィンバラクーダとギンガメアジの群れ、アオウミガメが一緒にお出迎え。バラクーダはちょっと遠かったけど、ギンガメは通り過ぎた後また戻ってきた。カメは3匹現れ、1本目から大物続出で興奮!オレンジフィンアネモネフィッシュ、カスミアジなど。
ブルーホール
 
■グアムでもっとも有名なポイント。水深25mまで潜降して上を見ると、ぽっかりと開いたハート型に太陽の光が差し込みとっても神秘的。しかし、見とれているとすぐに次のチームが潜降してきてあんまり楽しむ時間がなかった。穴の外に出ると深いブルーのドロップオフ。
ガンビーチ
  
■エダサンゴやツブツブサンゴの珊瑚地帯。ぴょこっと穴から顔を出した小さなモンツキカエルウオ、アカハチハゼやゼブラハゼ、オヤビッチャやロクセンスズメダイの群れ、サザナミフグやネズミフグなど。3本線のダスキーアネモネフィッシュの幼魚がかわいい。
グラスブレイクウォーター
  
■砂地〜サンゴ地帯。マダラトビエイ、クロユリハゼ、アケボノハゼなど。岩下にいたタコをガイドさんが引っ張り出して見せてくれた。墨をはいて必死に抵抗している。ちょっとかわいそうな気が…。
ギャブギャブU
  
■ロウニンアジやナンヨウツバメウオ、ハナムロが餌付けされていて、ダイバーの周りを回遊しそれはもう圧巻!体長1.5mものロウニンアジを間近で見て、トルネードしているなんて初めてで大興奮!そこにアオウミガメまで登場!壺の中にはとぐろを巻いている大きなドクウツボがいて、ガイドのジェフが顎を撫でていたのでびっくり。以前は噛まれたこともあるそうだとか。
祝☆200本
 
■初日の2本目は私たちの200本目のダイビング。
ガイドのJUNさん、一緒に潜ったゲストの方と。


ハヤブサ号の時は1日中船の上で2本目の後はランチタイム。
大型船の時は2本潜ってショップに戻り、ログ付けとランチ。
私たちは2本で終わりだったけど、ビーチダイブをする人はその後出発していました。

港まで車で30分くらい。
大型船は他のショップの人もいてダイバーが多かったけど、
トイレやシャワー、飲み物も用意されていて快適でした。

グアム到着後にショップに顔を出したら清算を・・・と言われ、
初日に清算をするのは初めてだし、
お店の中もお世辞にもきれいとは言えなくて、
ショップ選びに失敗したかな、と思いました。

でもガイドさんはみんな明るくて楽しい人たちばかり。
現地の人も日本語ぺらぺら。
おかげでとっても楽しいダイビングができました。

ジェントリーブルーの皆さん、ありがとうございました



グアム滞在記メニュー          (2012年9月1日〜5日)

    
グアム旅行記TOP ダイビング編 レストラン編
 
透明度40mのロタブルーに大感動!ロタ島の旅行記はこちら ⇒ ロタ島の旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve