ブナケン島*旅行記

ダイビング&恋人探し
 
   

ブナケン島*旅行記 

 HOME > ブナケン島旅行記
ブナケン島・メナド(2005年9月16日〜25日)


ブナケン島
はインドネシア・スラウェシ島、
メナド
沖にぽっかりと浮かぶ小さな島。
  珊瑚礁が美しい海は、インドネシアの国立公園に指定されています。



■スケジュール
9月 16日(金) シンガポール航空SQ111 成田発19:10 →シンガポール着1:10 【トランジットホテル泊】
9月 17日(土) シルクエアー航空MI274 シンガポール発9:25 → メナド着12:55
9月 18日(日) 3ボートダイブ
9月 19日(月) 3ボートダイブ+ナイトダイブ
9月 20日(火) 3ボートダイブ
9月 21日(水) 3ボートダイブ
9月 22日(木) 3ボートダイブ+ナイトダイブ
9月 23日(金) 3ボートダイブ
9月 24日(土) ブナケン島発9:00 ランチ&メナドのスーパーでショッピング
シルクエアー航空MI273 メナド発13:40 → シンガポール着17:05
シンガポール航空SQ998 シンガポール発20:30(バンコク経由)→
9月 25日(日) 成田着10:30


帰りはSQ996の成田直行便を予約したはずなのに、
旅行社の手違いでバンコク経由に。
そのことにシンガポールで気付く|)゚0゚(| ホェー!!

さらに台風の影響で成田上空まで行ったにもかかわらず、着陸できずに名古屋へ。
セントレア空港の機内で1時間を過ごし、3時間遅れで成田へ。
トホホ(;´ρ`)


 
■空港から港まで送迎車で30分。港からチャチャの専用ボートで約1時間。やっとブナケン島が見えてきた!   ■滞在先はチャチャダイブロッジ。ロッジというイメージで行ったら大間違い。ここは素敵なリゾートでした。
 
■オーナー夫妻のラフと玲子さん   ■天蓋付きのかわいらしいお部屋。エアコンなし。寝る時はちょっと暑かったけど、朝は涼しかった。
 
■お部屋の前からの眺めも素敵。ランチの後はここでお昼寝。   ■ベッドに寝転がって海が見えます。
 
■朝はボートまで数メートルなのに、お昼になるとすっかり潮が引いてしまう。   ■アオウミガメ。真下を優雅に泳いで行った。
 
■ある日のランチ。メナド名物のダブダブソースは、ちょっぴり辛いけど美味。   ■クダゴンベ
 
■ラフや玲子さん、他のゲストたちと一緒にいただくディナー。どれも美味しかった♪昼間のダイビングの話に花が咲く。   ■ガイドのダンは日本語ペラペラ。「フォー!」や「ジャンガジャンガ」など日本のギャグを知っている。なので「ガチョーン」と「コマネチ!」を教えてあげた。(古ーい!)
 
■ゴマモンガラ   ■ナポレオンフィッシュ
 
■幻想的な朝の風景   ■チャチャは島の東側に位置しているので、夕日は見えないけどこんな素晴らしい朝陽が拝めます。
 
■海に張り出したポーチ。海を独り占めできちゃいます。   ■別れの朝。スタッフや他のゲストたちと。


あいにく滞在中は透明度があまり良くなかったけど、
ブラックチップシャークやカメ、ナポレオンフィッシュは
毎日のように見られました。

滞在したチャチャダイブロッジはオーナー夫妻をはじめ、
スタッフも皆さんフレンドリーで親切。
それに至れり尽くせりの究極の殿様&お姫様ダイビングで、申し訳ないほど。

今回はダイビング三昧でロッジから一歩も出なかったので、
次回行く時は島の散策をしてみたいな。

メナドの海とチャチャの皆さま

楽しい思い出を


  インドネシア、ギリ・トラワンガンの旅行記はこちら ⇒ ギリ・トラワンガンの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve