モアルボアル*旅行記

セブ島へは素敵な恋人と行こう!
 
   

モアルボアル*旅行記

 HOME > モアルボアル旅行記TOP
                       モアルボアル(2005年4月28日〜5月4日)

セブ空港から車で1時間半、セブ島の西海岸にあるモアルボアル
   「地球の歩き方」に大リゾートエリアと書いてあったので、
そのイメージで行ったら・・・ん?!
 そこは端から端まで歩いても10分ほどの小さなダイビング村でした。


2011年から毎年モアルボアルを訪れています。
旅行記はこちら ⇒
モアルボアルの旅行記

モアルボアルの地図はこちら

■スケジュール
4月 28日(木) フィリピン航空PR433 成田発14:30 → セブ着18:25
4月 29日(金) 2ボートダイブ
4月 30日(土) 2ボートダイブ+ナイトダイブ
 5月 1日(日) 2ボートダイブ 
5月 2日(月) 3ボートダイブ
5月 3日(火) シュノーケリング
5月 4日(水) フィリピン航空PR434 セブ発7:45 → 成田着13:25



 ■コテージを出て数歩でこの景色

  コテージ
 宿泊はパシタス・ニッパ・ハット&ビーチリゾート(通称パシータ)。
 ショップのすぐ隣で便利。多分デラックスルームだったのかな。
 (1泊約3,000円)パシータの中では一番良い部屋でした。
 ツインベッドにエアコン、扇風機、バス・トイレ、大きな冷蔵庫付き。
 値段からしたらこんなもんかなって感じ。

 掃除はおばちゃんに頼まないとやってくれない。タオルも毎日替える
 ように言ったのに、言わないとやってくれなかった。他のダイバーさん
 がパシータの安い部屋(1泊約500円)に泊まっていたので見せて
 もらったけど、暗くて窓は鉄格子で、まるで牢獄のようでした(笑)


  ダイブショップオーシャングローブ
 オーナーの清永さんが帰国していませんでしたが、店長の
 本田さん、居候さんにはお世話になりました。

 ガイドのジョンジョンは働き者。GWということもあり、
 ジョンジョン1人にダイバー12人という時も!

 セッティングやタンク運びはジョンジョンとボートマンの
 2人でやっていてちょっと気の毒。。。
 私たちは殿様ダイブで楽チンだったけど。


■向こうに見えるのがペスカドール島

■朝食で食べたパニーニ。ヨーロピアンが多い
せいか、イタリアンレストランが多い。

  パシータの悲劇 その1
 パシータ横のレストランは、土曜の夜はディスコになります。
 私たちも11時くらいまでいたけど、部屋に戻ってもうるさくて
 とても寝られない。3時くらいまで音楽が聞こえていました。
 きっと男女の出会いの場なんでしょうね。
 女性はおめかしして、男性はダンスのうまさを競っていましたよ。


  パシータの悲劇 その2
 2日目、ナイトダイビングを終えて8時ごろ部屋に戻り、シャワー
 を浴びようとしたら・・・水が出ない!
 フロントのおばちゃんに言うと、今日の分は終わったとのこと。
 ひぇ〜うそでしょう!その日はウェットティッシュで身体を拭き、
 ミネラルウォーターで歯を磨いたのでした。しょうがない...。


  パシータの悲劇 その3
 3日目、朝1本目のダイビングを終え、10時頃部屋に
 戻ると・・・またまた水が出ない!ひぇ〜。
 おばちゃんに言うと、びっくりした様子でどこかへ・・・。
 その後おばちゃんいわく、「今日の分はもう終わった。
 多分誰かが蛇口を開けっぱなしにしていたのだろう。」
 ・・・がっくり!

 その日は他のダイバーさんの部屋のシャワーを
 借りました。彼らが泊まっていたのは「マルコサス」。
 ショップからも海からも遠く、ロケーションは良くないけど、
 部屋の中はオシャレでパシータよりずっときれいでした。


■ショップすぐ横のオープンバー。海風が心地よい。
             
■これがメインストリート。
わら葺屋根の家が多い。

   お店らしいお店はありません。
  水着などを売っているお店が2軒くらい。あとキヨスクのような
  小さな売店が2〜3軒あったけど、売っているのはスナック菓子や
  ビール・ミネラルウォーターなど飲料水と、ちょっとした雑貨くらい。
  パンなど日持ちのしないものはありませんでした。
  バナナやマンゴーなどは、おばちゃんが売りに来ていました。


   ダイビング村らしく、レストランは朝早くからやっています。
  でも朝食はともかく、ランチやディナーは料理が出てくるまで1時間
  かかります。(注文を受けてから材料を仕入れに行っているみたい)
  それで午後1本目のダイビングに間に合わなかったことも!
  1品300円前後と安い。


   夕食の後は毎晩バー通い。たらふく飲んでも安い!
  呑んべえには嬉しいかぎり。おかげで毎日二日酔い(^^;)


   二日酔いの朝はショップ2階の日本食レストランへ。
  こんな所で日本食なんてと思ったけど、そうめんやひやむぎは意外と
  美味しく(ラーメンは×)、二日酔いの朝はさっぱり食べられて重宝
  しました。


  パシータの悲劇 その4
 4日目の朝、部屋の前のポーチで朝食を食べ、部屋に入ろう
 とするとカギがかかって入れない。
 どうやらインロックしてしまったらしい。


 スペアキーくらいあるだろうとおばちゃんに言いに行くと・・・
 おばちゃんたら50個くらいのカギの束を持ってきて、ひとつ
 ひとつ差し込んでいる。全てのカギが合わないと、また
 50個くらいのカギの束を持ってくる。それを3回繰り返し・・・
 結局スペアキーが見つからず、窓枠を壊して中に入ったの
 でした。トホホ。


■地元の女の子たち。しょっちゅうTシャツを売りにきます。
    ダイビングスタイル
     ダイビングスポットが10〜15分と近く、1本ごとにショップに戻ります。コテージが近いので、
     次のダイビングまでお部屋で休めるのでラクチン。ダイビングフィーは1本20ドルと安い!
     メインはペスカドール島。1日2本はペスカドールに行きます。
     モアルはジンベエが見られる事で有名だけど、今回はジンベエはおろか、
     これといった大物には遭遇できませんでした。

     どこに行くにも近くてコンビニエント
     海は目の前だし、ショップ・レストラン・コテージ、どこへ行くにも5分以内。
     ものぐさな私たちにはサイコーのロケーション。

    パナグサマビーチ?
     地図にはパナグサマビーチとあるけれど、ビーチらしき所はなかったような・・・。
     海にはコテージやレストランが張り出していたり、崖になっていたり。。。
     北側のホワイトサンドビーチは船から見ただけだけどすごくキレイでした。


     水事情
     各宿泊施設にタンクがあり、それぞれの水の量が決まっているらしい。
     ショップでさえシャワーが出ませんでした。
     日本に帰ってシャワーを浴びたら、何て水の出が良いのだろう・・・もったいない。
     改めて水の大切さを痛感した旅でもありました。

        
2011年から毎年モアルボアルを訪れています。旅行記はこちら ⇒ モアルボアルの旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve