那覇市内観光

沖縄へは素敵な恋人と行こう!
 
   

那覇市内観光

 HOME > 石垣島旅行記TOP > ダイビング > 那覇市内観光
那覇市内観光

4日目は、那覇に移動して市内観光
首里城や石畳道・国際通り・牧志公設市場など、半日でめいっぱい周りました。


■首里城の正殿
 
   世界遺産・首里城
   鮮やかな朱色に彩られた琉球王国の象徴・首里城。
   やっぱり那覇観光と言えば、首里城に行かないとね。

   ゆいレールの終点・首里城駅から徒歩10分。
   間違った入り口から入ってしまったようで、守礼門の内側に出てきて
   しまいました。なので守礼門を出て入り直し。循環バスもあるようです。

   正殿に着くまでいくつもの門をくぐり、正殿に到着すると各施設を
   見ることができます。(入場料800円)  

 
  
■かの有名な守礼門団体客や修学旅行生が多く、写真を撮るのも一苦労。 ■正殿の中にある玉座。後ろの「中山世土」という額は、中国皇帝の直筆で「この土地は何時の世までも琉球国中山の物」という意味だそうです。 ■正殿のミニチュア。昔はこんな感じだったのね。

  金城町石畳道
 首里城を見学した後は、首里城南側の斜面に延びる、古い石畳の
  坂道を散策。そうそう、こういう風景が見たかったのです。

  琉球石灰岩で造られた石畳道の両側には、昔ながらの赤瓦の
  家屋が多く、情緒あふれる古都・首里の町並みが見られます。


  T字路や四つ角にある「石敢當(いしがんとう)」は、魔除けのお守り。
  沖縄の魔物は角を曲がるのが苦手で、これがないと真っ直ぐ正面
  の家に入ってきてしまうんですって。面白いなぁ。
  
■石畳道を少し脇にそれると、樹齢200年 ともいわれる6本の大アカギがありました。   ■NHK朝の連続ドラマ「ちゅらさん」で、一家の住む那覇の家のロケ地となった民家。外観だけを使用したそうです。   ■ここが300m続く石畳の入り口。上から下りて来たから良かったけど、のぼるのは、かなりキツそう。

  牧志公設市場
  戦後の闇市から発展し、アジア的な雰囲気があふれる沖縄最大の市場。

 
1階は食料品売り場があり、精肉や鮮魚のほかにも、スクガラスやお菓子・
  薬草茶など、沖縄の味と香りのする品々がたくさん売られています。

  2階には食堂が5〜6件あって、1階で買った魚を2階のお店で好みの調理法で
  調理してくれます。(調理代500円)

  公設市場の周辺にも商店街が広がり、その活気はまるでアジアの
  マーケットのようでした。

  
■豚さんがジロリ。   ■南の海らしいカラフルな魚やカニ、エビ、貝などが並びます。   ■2階の食堂「ツバメ」で食べた沖縄そば。大が400円。安〜い。
壺屋・やちむん通り
  
■やちむんとは焼物のこと。やちむん通りでは陶芸工房や販売店、ギャラリーが軒を連ねていて、陶器やシーサーなどの焼物が売られています。石畳に赤瓦の風情あふれる町並みです。
お土産を買うならココ!仲間商店
  
■国際通りと浮島通りの角にある仲間商店は他のお土産屋さんより2〜3割安い。   ■美人のおばあがやってます。   ■シーサーを買っちゃいました。


那覇での宿泊先は、ゆいレール県庁前駅・徒歩30秒のホテル まるき
ごく普通のビジネスホテルだけど、駅の目の前で国際通りにも近く、とっても便利。

1泊1部屋朝食付きで8,400円。チェックアウトが11時なので、出発までゆっくりできました。
朝食も美味しかったし、那覇に行くことがあったらまた利用したいです。

那覇観光の締めくくりは幻のアグー豚と泡盛。
アグー豚は琉球に伝わったといわれる中国原産の幻の黒豚。
ずーっと食べたいと思っていたので念願叶って良かった〜。
お味の方は、もちろん最高!

今回の旅は、ダイビング・観光、それに美味しい物と泡盛が楽しめた
盛りだくさんの旅でした。

石垣島の海と、沖縄で出会った皆さん

楽しい思い出を



石垣島滞在記メニュー           (2007年11月8日〜12日)

  
石垣島旅行記TOP ダイビング編 那覇市内観光

  2013年の石垣島ダイビング旅行記と、クラブメッドカビラ旅行記はこちら ⇒ 石垣島の旅行記



 Copyright(C) ダイビングと南の島の旅行記 All Right Reserve